着圧レギンスのサイズいろいろ

着圧レギンスには、フリーサイズの商品も多いです。

 

複数のサイズを展開している着圧レギンスでも、2サイズまでです。

 

でもメディキュットのように2サイズ展開でも、身長、ヒップ、太もも、ふくらはぎ、足首、足のサイズ

 

までたくさんの目安をのせている商品もあります。

 

知ってる?正しいサイズのはかり方!

 

意外と知らないけど、ちゃんと決まった各サイズの測り方があります。

 

基本的に最も太い場所を測る部分、最も細い場所を測る部分があります。

 

・最も太い場所を測る部分

 

ヒップ、太もも、ふくらはぎ

 

・最も細い場所を測る部分

 

ウエスト、足首

 

ウエストは胴の最も細いところを測ります。

 

足首のサイズはくるぶしのちょっと上の最も細い場所を測ります。

重要!着圧レギンスのサイズの選び方

着圧レギンスを購入するとき、締めつけ効果を期待するあまり、きつめのサイズを選ぶ人が

 

いますがやめた方がいいです。

 

なかなかぴったりサイズの人はいないと思いますが、できるだけ表示されてる数字

 

に近いものを選びましょう。

 

どちらにもあてはまる場合は、大きめの方を選んだ方がいいと思います。

 

着圧レギンスのサイズの選び方の失敗例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【まとめ】着圧レギンスのサイズの選び方の失敗例

 

・サイズが小さくてキツイ。足がしびれる。

 

・サイズが大きいのかゆるい。効果が感じられない。

 

・足のサイズは合っていても、ウエストのサイズが違うと腹が苦しい。

 

 特にハイウエストタイプの着圧レギンスだと余計苦しい。

着圧レギンスのサイズの選び方を間違えると

フリーサイズの着圧レギンスの場合もそうですが、表示された数値と大きく違う場合、

 

逆に悪い影響がでることがあるので注意しましょう。

 

自分よりも大きいのサイズを選んでしまった場合

 

大きいサイズを選んでしまった場合は、望んでいるような締め付け感がないので、

 

むくみ改善や美脚効果などのメリットを感じることはできないでしょう。

 

ふつうのレギンスとして使うしかないかも。

 

弱めの着圧を感じるレベルなら、寝るとき用のレギンスとして使ってみては。

 

自分よりも小さいのサイズを選んでしまった場合

 

小さすぎるサイズを選ぶと、着圧が強くなりすぎて血行不良になることがあります。

 

人によってはしびれたり、足がつったりするみたいです。

 

履いてみて、ガマンできないくらい苦しい場合は使用しないようにしましょう。

 

また強い締め付けを求めて、わざと小さいサイズを選ぶのもやめましょう。

正しいサイズを選ぶことが美脚への近道♪

今は着圧レギンスがすごいブームで、いろんなメーカーからたくさんの商品が登場

 

しています。

 

それぞれいろんな効果やメリットがありますが、まず最初に自分に合ったサイズを

 

選ぶ必要があります。

 

逆に自分のサイズとあまりにかけ離れた着圧レギンスを使用すると、効果が出ないだけでなく

 

大きなデメリットになる場合もあります。

 

正しいサイズの着圧レギンスを着用して、効果やメリットをゲットしましょうね♪